外壁の種類を知る

外壁を塗装する男

モルタルやサイディングなど、外壁の素材はおしゃれさも追求されているので、いろんな種類が開発されている。その種類によっては劣化が早いものもあるので、外壁塗装で気をつける事が大事である。

Read more

劣化の度合いを図る

黄色い壁の家

劣化の度合いを知ることで、外壁塗装のタイミングを図ることができる。モルタルを触るとチョーキングが発生する様であれば早めに業者に依頼し塗装をし直す方が良い。目安は7年といわれている。

Read more

見晴らしの良い家

家の重要な要素

色とりどりの家々

科学の技術が発達することで、宇宙開発や未来についても明るい展望を持つことができる。
そうした遠い未来や生活に関係のない分野だけにその技術の発達は活かされているわけではない。
私たちの生活においても、その科学技術の発達は充分に活かされているのである。
その一つが住宅の建材である。
太陽光発電や特別な技術ではなく、外壁塗装や外壁に使う建材に実は高度な技術が使われているのである。
物は外に置いていると必ず劣化する。
このため、住宅の外のエクステリアは劣化がしにくい石などが多く使われてきた。
石といっても大理石などは雨風に弱く、崩れやすいので、雨風に強いタイプの石といった、限定的な素材が選ばれてきたのである。

限定された素材を使うということは、見た目が皆同じ様になってしまうということである。
しかし、新しい技術を開発することで、いろんな素材を外構部分やエクステリアで使うことができるようになった。
日本はシロアリが多い地域なので、外の部分に木材を使うことはためらわれていたという状況があるが、外壁塗装を施すことによって、温かみのある木材をエクステリアに使えるようになったのである。
もちろん、そうした外壁塗装に使われる塗料でも劣化してくるので、定期的に塗り替えなければならない。
そんな時は外壁塗装業者を選び、点検と塗替えを実施すると良い。
住宅の所有者でも、普段から点検し、劣化がひどくなる前に対策することが求められる。

壁03

ペンキはホームセンターにも売られているため、自分で作業するという人もいる。しかし、美しくエクステリアを仕上げるならば外壁塗装のプロに足場を組んでもらい任せることがベストな方法である。

壁とソファ

外壁塗装に使う塗料にはフッ素加工があるものと、アクリル系樹脂のようなホームセンターでも購入できるものがある。色を変えて家の印象を変えることもできるが、透明なものを選び見た目を整備するだけの方法もある。

外壁を塗装する男

光触媒塗料という新しい技術で開発された塗料がある。これは紫外線の力によって更に塗料の表面が綺麗になるというものである。紫外線が当たれば普通外壁塗装は劣化するが、逆説的な効果がある。

黄色い壁の家

外壁塗装を業者に依頼する場合、なんでも業者任せにしてはいけない。周囲に塗装の飛沫が飛ばないように業者に依頼し、安心して生活したい。また、信頼の持てる塗装業者であれば工事中外出しても良い。